42Fからの絶景夜景を楽しみながら頂くステーキ! Prime 42 by nebraska farms

更新日:

東京の汐留にある汐留シティセンタービル。

高層ビルであるこちらの建物は大企業のオフィスなどが入っており、
なかなか立ち入る機会がありませんが、
41F、そして42Fに数店舗のレストランを構えています。

今日はその中からおすすめのお店を紹介します。

 

Prime 42 by nebraska farms

 

従来のクラシックなアメリカンステーキハウスとは一線を画すモダンなインテリアのなかで召し上がっていただくのは、
日本の四季を意識した繊細な料理と、極上のアメリカンステーキです。

自店に専用熟成庫をもつことで可能になったドライエイジングステーキや、
シーフードの熟成などもぜひご賞味ください。

「温度」「湿度」「気流」を厳しく管理しながら行うドライエイジングステーキ、
真空包装で一定温度に保たれた状態で熟成が進むウエットエイジングステーキ、
同じステーキでありながら異なる味わいを明確に感じていただけます。

どちらのステーキも炭火でじっくり丁寧に焼き上げることで、
圧倒的な肉の旨みが迫ってきます。

出典 : Prime 42 by nebraska farms

 

Prime 42 by nebraska farmsはネブラスカ州にある
グレーターオハマ社のプライムビーフを提供するステーキハウスです。

上記のように汐留シティセンタービルの42Fに位置するこのお店は、
東京タワーとスカイツリーを一望でき、
夜には都内有数の夜景を堪能しながら食事を楽しむことができます。

 

 

 

MENU

ステーキハウスのこちらのお店ですが、
鉄板焼き店のようなメニューをイメージしてもらえればわかりやすいかと思います。

ですのでステーキはもちろんのこと海鮮料理の用意もあり、
さまざまなメニューの中から自分の好みのものを見つけることができます。

ステーキはもちろん非常にレベルの高いクオリティのものを提供しており、
どの部位を選んでも満足でき、
またこちらのお店では”ドライエイジング”と”ウェットエイジング”の
どちらか好きなほうを選択することができるメニューもあります。

ドライエイジングとは、
チルド状態の冷蔵庫の中で空気を循環させながら乾燥熟成させていく方法であり、
ウェットエイジングは真空の中で熟成させていく方法です。

一長一短あるのでどちらが上ということは一概には言えませんが、
私はウェットエイジングのほうが好みです。

 

 

 

またスターターやサイドメニューも数多くあるのですが、
わたしのお気に入りは”和牛タルタル”です。

某チェーン店の食中毒事件依頼、
生肉を提供するのには厳しい基準をクリアしなければならず、
お店としては費用も掛かり容易にできることではなくなってきています。
(生肉専門の調理台が必要であったりいろいろな店舗負担があります。)

しかしながらこちらは現在も生肉を食べることができる貴重なお店であり、
また非常に素晴らしい味を堪能できるのです。

 

 

 

やはり夜景は絶景

汐留といえば東京の中心地のひとつであり高層ビルが立ち並ぶエリアです。

その中でも42Fという一際高い場所でのディナーは周りにさえぎるビルがなく夜景を楽しむことができます。

高層ビルからみる高層ビル群というのは非常に美しいもので、
特別な日のディナーにはぴったりのお店です。

普段使いできる価格帯ではないかもしれませんが、
大切な日にぜひ行ってみてはいかがでしょうか。

 

 

About

Prime 42 by nebraska farms
東京都港区東新橋1-5-2 汐留シティセンター 42F
TEL : 03-6264-5151
営業時間 : ランチ 11:30~15:30 (L.O.14:00)
ディナー(祝前日・祝前日の日曜日) 17:30~23:30 (L.O. 22:00)
(日・祝祭日)17:30~22:30 (L.O.21:00)
予約 : 予約可

-肉料理
-,

Copyright© グルメコンシェルジュ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.